店主の日々釣れ連れ

〜釣用品のワカイ〜
6月22日 久多島
0
    毎日よく降りますね〜、、今年の雨には泣かされます、、。雨雨雷雨雨雷雨
    お客さんは少ないし、当然、自身も釣りに行けず、、。
    そろそろ何処か行かねば、、今年はまだ久多島に行ってないなぁ、、純情な石鯛はいないかな?
    船頭さんに近況確認の電話をしてみると、ほとんど出港していない上に、石鯛狙いの人がおらず、釣果情報はナシ。
    クロは良く釣れるそうです。
    22日は、クロ釣りのお客さんが一人しかいないそうですが、私が来るなら出港しましょうか、と。
    じゃ、お願いしま〜す。
    4時半過ぎに出港です。小雨が降ってますが、海は凪いでます。

    北の瀬に二人で渡礁です。
    Yさんが船着きからやるそうなので、どこから竿を出そうか見回すと、速い潮が東から流れています。
    で、北の裏と呼ばれる所から竿を出してみることに。
    ガタガタした瀬を移動するのも一苦労です、、。

    さあ釣り開始。
    赤貝で探りますが、、、アタリません、、。
    陸地からかなり離れているのに、かなり濁っていて、木切れなどが流れてきます、、。
    ウニえさには反応なし、、赤貝も、たまにエサ盗りがつつくぐらいで、なかなか素バリになりません、、。
    あちこち投げて探ると、根ガカリが多発します、、瀬ズレが変形するので、船着けに道具を取りに戻ると、そのたびに、Yさんが竿を曲げ、クロを取り込んでいます。船頭さんが言ってたとおり、上手いなぁYさん、、クロ連発です。

    私は、アタリの無さに嫌気が差し、西側に場所替えです。
    潮裏ですが、左横で釣ってるYさんのマキエに、タカベなどに混じって、黄バチが見えます。
    こちらの方が水深があり、根ガカリもしません。エサ盗りも多く、素バリにされます。
    本命らしきアタリはありません、、。
    横ではYさんが調子良くクロを釣り続けています、、良型イサキも、、。
    私も、クロ釣りの道具持ってくればよかったなぁ、、、ちゃんと持ってきてマス。道具もエサも。
    もう石鯛はアキラメて、クロ釣りの準備です。

    さあ第二ラウンド、クロ釣り開始。
    喰いがいいとまではいきませんが、エサ盗りも大したことは無く、順調に土産を確保。
    やや雨脚が強くなってきたので、昼過ぎに納竿です。

    600gから最大で1圓曚鼻いわゆる梅雨グロですね。
    Yさんは大漁。二十数枚。イサキも二枚。

    クロはまだまだ釣れそうですよ。3人以上で北の瀬を予約すれば固いでしょう。
    石鯛も夏場も釣れる所です。今から、水温が上がれば、さらに良くなります。
    久々の釣行で疲れましたが、楽しめました。
    またチャレンジしますよー楽しい


     
    | 釣行記 | 10:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
    11月27日 串木野沖堤
    0
      磯のクロの調子がいまひとつ、、ということで、堤防でクロを狙ってみることに。
      Nさんと串木野沖堤に釣行です。
      6時出港。フリースタイル翔で。堤防組は3人です。

      イシガキの土産も欲しいので、ウニも持参しています、、前半は石鯛狙い。Nさんのマキエが効いたころにクロ釣りに合流しようという欲張り作戦です。エギやルアーも、、これは自重しました、、。

      さあ夜が明けて、まずは石鯛竿の出番です。
      一投目からアタリが出ます、、二投目でイシガキ逮捕。
      投入ごとにアタリがあり、800g〜1舛両型ですが、次々と竿を曲げてくれます。
      もうココの小ガキ釣りも慣れたもんです、、。
      8時半、エサが底をつき、石鯛釣りは終了です。土産は十分確保しました。

      9時からはクロ狙いです。ポカポカ陽気になってきました。
      Nさんはすでに良型2枚と足の裏級数枚釣っていますが、どうも状況は良くないようです。
      もう一人の釣り人も苦戦しています、、。ま、今からでしょ。

      準備が整い、マキエしてみると、えさ盗りのスズメダイがわんさか。
      こいつらを手前にくぎ付けにするために、マキエを足元にドバドバ。
      本命用のマキエは遠投します。この時、途中にマキエがこぼれると、スズメダイが沖まで出ていってしまいます。要注意です。
      クロの姿は見えません、、でもいるはず、、。
      風もなく、潮もあまり動かないので、仕掛けとマキエはバッチリ同調しています。
      ぽつぽつとは喰ってきますが、、、喰いが浅い、、。
      ウキにアタリが出て、、道糸が張り、、グ〜ンと竿に乗ってくるのに、、ハリがはずれます、、ムズイ、、、。
      当然、この流れのどこかでアワセを入れても素バリを引きます、、、。
      勢いよくウキを引き込み、ハリ掛かりするのは足の裏級の尾長の仔です。
      苦戦しながらも、クロをひとつ、またひとつと拾っていきます。
      昼ごろから、クロが見えだしました、、が、喰いが渋いのは一緒です、、。もう時間ないし、、。

      1時に回収です。、、もう少し釣りたかったなー。
      終わってみれば、クーラー満タンでした。

      この他に足の裏級多数。

      楽しみました。またチャレンジしますよー楽しい


       
      | 釣行記 | 22:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
      4月23日 久志 タツ瀬
      0
        先週に引き続き久志へ。
        微風、ベタ凪ぎ。
        6時出港。
        十数名の石鯛マンを乗せて、船は右へ。
        次々と瀬付けして降ろしていきます、、どの瀬も釣れそう、、。
        自分は最後に、前回昼から乗ったタツ瀬に再挑戦です。

        かなり上までかめの手などが付着し、大潮時の満潮前後は乗れません。

        今回も気合十分、準備万端。マキエもたっぷり持参。
        まず赤貝チップをバサバサと放り込み、さっそく釣り開始。
        手持ちで探ります、、コツコツ、、う〜ん、、、。
        小指の先ほどの大きさになった赤貝が2,3粒残ってきます、、小さな歯型付き。
        10投して、赤貝が無くなったのは一度、、ウツボが掛かったときだけ、、。
        今回は早々とピトンのお世話になることに、、。

        マキエ、マキエ、、。
        瀬の足元に、平行に海溝が入っています。最深部でカウンター15ほど。
        サカナの通り道になっているらしいのですが、今はいません、、。
        マキエで寄せるしかありません、、。
        今回は冷凍ウニも100個ほど持参しています。
        白ウニは軽くヒビをいれ、足元からコロコロ、、。
        ガゼは細かく砕いて、ニオイで寄せる作戦です。

        せっせとマキエしながら、置き竿の穂先からは目を離しません、、あいかわらず、たまにコツコツ、、。
        ウニを全部撒き終え、赤貝をパラパラと撒きながら手返しを繰り返しますが、一向に状況は変わりません、、。
        これほど大盤振る舞いしてるのに、通るサカナはいないんでしょうか?
        シャッター商店街よりさびれた通りです、、潮が通さないからでしょうけど、、。

        アキラメて、10時前に瀬替わりです。
        どの瀬もすでに人が乗ってるので、ヘタ大瀬の裏に乗ってみることに、、船頭もまだ乗せたことがないとか、、ま、やってみましょ。
        ピトンの穴もありません、、手前も沖も水深5mほど、、。
        潮も入ってきません、、赤貝のワタすらかじられません、、ダメだこりゃ、、。

        30分ほどして、船頭が、船に飲み物を忘れていたのを届にきてくれました。
        この場所はとっとと見切り、再度瀬替わりです。
        どこに替わろうか、、。
        船頭さんがいうには、やっと上げ潮が動きだしたと言うので、また元の所へ戻ることに。
        マキエもしてるしね。

        再度、あちこちのタナを探ります、、朝よりはエサを盗られます、、。
        いいアタリはありません、、仕掛けを巻いていると、黄色い蝶ちょ魚が赤貝を追いかけてきます、、。

        すっかり諦めモードの1時過ぎ、突然ガチャガチャとしたアタリが。

        足の裏サイズのガキ。ハリが外側から刺さっています。
        次の一投もガツガツとアタり、、今度は1舛曚匹離キでした。
        次の一投もガツガツ、、素バリにされました、、。
        次の一投は、、、し〜ん、、チャンスタイム終了〜。
        そのまま回収の時間です。

        今日も潮が悪かったということにしてください、、。
        またチャレンジしますよー楽しい


         
        | 釣行記 | 00:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
        4月16日 久志 カツメ
        0
          先週は金曜にも秋目に釣行したんですが、みごとに討ち死に。
          その前日に本石が4枚あがった、ゼンダナに乗れたのに、、アタリもなし、、。
          この日は秋目は全滅でした、、。よほど悪い潮に当たったんでしょうか、、。

          今週は久志へ。
          先週は、4禅蕁■記禅蕕箸眇枚づつ上がり、”熱〜く”なっている海域です。

          松風で6時出港。ベタ凪ぎ。
          カツメの前で声が掛かり、速やかに渡礁。さあーがんばるぞ!

          この時期、朝一番は最大のチャンスです。1〜3投目で大物が釣れた話はよく聞きます。
          まして今日は満月の大潮。7時半満潮なので、8時までが最初の勝負どころでしょう、、。

          渡礁後すぐに、赤貝チップを瀬際にバラバラと放り込み、急いで仕掛けの準備。
          前日に赤貝のムキミを造り、朝、港で生赤貝5然笋蠅泙靴拭
          虫よけの蚊取り線香を準備して、準備万端。
          朝はピトンは打たずに、手持ちでがんばります。

          さあ期待の第一投。、、来いっっ!
          浅ダナから探っていきます、、アタリました、、素バリ。
          、、いるっっ!
          アタリは続きますが、喰い込まない、、、もう少しで放します、、。
          手ごたえからして、型が小さい、、ガキかも、、。
          手返し数度、、やっと走らせました。

          石鯛でしたが、1舛△蠅泙擦鵝◆◆

          一匹釣ったら、いいアタリも途絶えました、、。
          どのタナもコツコツしたエサ盗りばかり、、小さくなった赤貝が帰ってきます、、。
          どうせならデカい石鯛が入っててくれたらよかったな〜、、。
          8時、、ピトン打ちます、、。
          その後もコツコツのみ、、。

          10時。潮が引いて、波をかぶらなくなったので、右側の低いところから大瀬向きを狙います、、こちらもコツコツ、、。
          毎回マキエはたっぷりカブセてるんですけどね〜、、。

          昼に瀬替わりです。
          先週67僂あがった、末樫港近くのシズミへ。
          瀬際に海溝が走っています。
          海溝に残りのマキエをすべて放り込みました。
          瀬替わり後の一投目。いきなり怪しいアタリ。、、大ウツボでした、、。
          次もウツボ、、。その後はコツコツ、、。
          もう諦めて、瀬際の貝探し、、2時過ぎに回収です。

          他の釣り人もみな、うかぬ顔、、ガキが全体で2枚のみ。
          今日も潮のせいにしておきましょう、、。
          こりずに、
          またチャレンジしますよー楽しい






           
          | 釣行記 | 18:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
          10月22日 小湊
          0
             思っていたほど天気が悪くなかったので、午後から小湊漁港へ遊びに。
            まだ小アジが釣れているとか。
            2時前に到着し、揚げ場の前で準備していると、地元の親切なおじさんが、ここじゃないよと教えてくれました。右側の船だまりのほうとか。
            移動すると、先客が二人、、ぽつぽつ釣れています。
            隣に入れてもらい、さっそく釣りはじめると、ぽつぽつと釣れます、、。
            12〜15僂飽蕕辰討い襪里如▲汽咼は5〜7号がいいかも。
            3時過ぎから天候が怪しくなり、カミナリが鳴り、雨もポツポツ、、でも小アジは入れ食いになってきました。雨にぬれながら4時まで粘って、

            100匹は越えました。高速手返しでがんばりました。
            もう少しすると、港外にでていってしまいそう、、。釣るなら今の内。
            お子さんでも連れて出かけてみては。
            | 釣行記 | 10:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
            5月5日 小湊 豆アジ
            0
               こどもの日、昼から娘二人を連れて、小湊漁港へ。
              多くの家族連れの釣り人で賑わっていました。
              場所が無いので、あまり人がいない、漁協前で竿を出してみたら、、、
              豆アジの入れ食い。
              まだ5センチ前後ですが、水面近くで釣れるので簡単。
              2時間少々、娘二人ががんばって、

              数えてみたら、なんと365匹。よく釣ったもんです。
              始末が大変でしたが、唐揚げ、南蛮漬けで、美味しくいただきました。
              | 釣行記 | 04:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
              11月10日 北埠頭沖堤
              0
                沖磯はまだウネリが残っていそうなので、沖堤へ。
                前日、船頭さんに電話すると、すでに一番船はいっぱいとの事。二番船で出港です。
                1赤にはすでに石鯛マンが入っていたので、1白へ。
                乗ってすぐに、先客のカゴ釣りにキロオーバーの真鯛がヒット!タモですくってあげました。いつ見てもキレイな魚、、。
                フカセ釣り、カゴ釣り、カワハギ、アラカブ、ルアーでカンパチ、、と、連日、沖堤は大賑わいです。
                石鯛も今年は当たり年のようで、サンバソウ〜2禅蕕髻釣る人で4〜7匹と、お祭り騒ぎ、サンバカーニバルです。
                私もカーニバルに参加しようと思ってたんですが、、、昼すぎまで粘ってアタリは一回もナシ。ガンガゼの芯が無くなる事はありませんでした、、ノーノー
                カワハギも不調、、ほとんどアタリなし。なんとか22僂鬘暇臑疂瓠
                アサイチの真鯛以外は、6〜7人で釣果は皆無、、。1赤も不発だったとか。
                帰りの船で、カーニバルも終わり?と、つぶやくと、、船頭いわく、
                「お願いしますよ〜、まだ終わりにしないでくださいよ〜汗」とのことでした。イヒヒ
                例年ならまだまだイケます。今回は潮のせいにしときましょ。
                またチャレンジしますよー楽しい
                | 釣行記 | 08:25 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
                5月12日 枕崎
                0
                  なかなか天候とタイミングが合わず釣りにいけませんでした。北西の風が強いようだったので、昼から枕崎へ行ってみることに。
                  10時出港。今年もなかなか釣果に恵まれず、頭に「イ」のつく魚は釣っていません、、。「ア」オバチや「ウ」ツボばっかり、、。もちろん狙いは大型本石ですが、イシガキでも喰ってくれればな〜などと思いつつ、久木崎へ上礁です。
                  早速マキエを打ち、赤貝のエサで第一投。エサ盗りが結構いるようです。手持ちで手返しを繰り返すと何かひっかかりました、、「ウ」ミゴイでした、、。
                  ガンガゼは芯が残るので赤貝で攻めますがエサ盗りのエジキ。風が強く、穂先が振られるので手持ちで頑張りますが、エサつけ、投入、回収の繰り返し、、いそがしい、、ボラの大群が回遊してきたり、潮は動いてるようですがいいアタリはありません。
                  で、エサに工夫してみることに、、。ハリ部分の赤貝を糸でぐるぐるに縛りあげ、上から殻をカポッ。さらに糸でぐるぐるにして投入です。これなら結構エサもちします。置き竿にして次のエサの準備をしていると怪しいアタリ!すかさず手に取って対応します、、もぞ〜もぞ〜と押さえていきます、、でも、なんか変、、、

                  かあ〜っっ、、イシガキフグかよ〜、、「イ」はつくけど、、ムニョムニョ
                  ハリを呑み込んでいたので、そのままキックでリリース。ごめんね。
                  テンションが下がったまま手返ししていると、突然いいアタリ。大物ではなさそうですが慎重に対応します。数投後やっと走りました。

                  今度は「イ」シガキでした。あ〜良かった、、。ラッキー
                  2時に瀬替わり。風をよけて長瀬の地寄りへ。浅くてエサ盗りしかいませんでした。5時回収。一つ瀬と長瀬のワンド側で石鯛があがったそうです。
                  石鯛はまたも次回へ持ち越し、、またチャレンジしますよー楽しい
                  | 釣行記 | 12:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
                  4月14日 枕崎
                  0
                    枕崎に行ってきました。
                    朝からは行けなかったので、10時の見回りの船に乗って出港。前日の時化のウネリがまだ残っています。先客も多いし、乗れる瀬は限られそうです。
                    ふと見ると、赤灯台堤防(石鯛倶楽部5月号に掲載されています)に石鯛マンが二人。二人ともストリンガーを海に浸けています。で、沖堤防に乗ってみることに。2時から沖磯に挑戦です。
                    沖堤防に乗るのは初めて。沖側は巨大テトラが入っていて使えませんが、いかにも石鯛が居着いていそう、、とりあえず最近イシガキが釣れたという階段上に釣り座を決め、マキエをバラバラ。赤貝をエサに第一投。エサ盗りは結構いるようですぐ素バリにされます。コツコツとつつくアタリのみで、小さな噛み跡から想像するとキタマクラかなにかでしょう。このアタリが続くのみで、最後までいいアタリは全くなし。
                    マキエは10キロほど放り込んできましたから、今後は期待できるかも?
                    まあ2時からが本番なので、いまのうちにとせっせと貝割りに励みますが、風の冷たいこと、、小雨も降ってきました、、もう帰ろうか、、沖磯はどうだろうと、朝から渡っているお客さんに電話してみると、開口一番”ばらしちゃいました〜”ポロリ
                    長瀬のハナで朝三投目に大アタリ。やっと浮かしたら5禅薀ンワサ。ウネリが大きいのでなんとかぶり上げようとしたら竿がボキッ!魚が獲れればと道糸をたぐり足元にずりあげたらウネリがド〜ン!ハリがポロッ、、、魚はしばらく浮いて漂った後、姿を消したそうです、、、。しばらくボーゼンとしていると、すぐうしろの本ポイントで良型が続けざまに2枚。悔しいので5時まで延長するとの事、、。
                    こんな話を聞いたら付き合わないわけにはいきません!2時回収の船に乗り、先客と入れ替わりに長瀬のコブに渡礁しました。
                    気合を入れて頑張りましたが、おっ?と思わせるアタリは2回のみ。ウツボと

                    ヘダイでした。
                    竿を折った人を船頭と慰めてから帰路へ。今回は、も?残念でしたが、今がチヤンス!またチャレンジしますよー楽しい
                    | 釣行記 | 11:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
                    3月5日 片浦 地磯
                    0
                      3月5日。
                      今週末も天気悪そう、、とガッカリしていると、今から地磯に行くというお客さんが来店。急いで準備して同行させてもらうことに。何と今シーズン初!のクロ釣りです。
                      昼前に片浦の番所に到着。今年も好調でしたが、最近は喰い渋りが激しいそうで、夕方がチャンス大との事。
                      釣り場までそう時間はかかりませんが、険しい斜面をロープにつかまりながら降りていかねばならないので、かなり危険です。慣れた人と一緒だったので助かりました、感謝。救命着と磯靴は必携です。
                      やっと釣り場まで降りてみると、結構なウネリが付いています。先の本命ポイントには渡れないので、手前の高場に陣取ります。ふ〜っと一息。
                      早速釣り始めましたが、道中の話のとうりクロの姿は見えません、、エサ盗りもあまり見えませんが、ツケエはなくなります、、??
                      試行錯誤しながら瀬際をさぐっていると、、ん?なんか来た!、、おお〜っクロだ〜!拍手一気にぶり上げです!

                      腹パンパンの♀。1.2キロ。
                      最近は♀ばかり釣れるそうです。乗っ込みグロの季節も終盤を思わせますが、600〜700gのクロは5月いっぱいは抱卵して釣れ続けます。まだまだ楽しめますよ。
                      さあ二枚目をとがんばりますが、なかなか喰ってくれません。ツケエは盗られるんですが、クロは見えないしエサ盗りも掛ってこないし、??という状況が続きます、、。
                      しかし、やはり時間でしょうか?2時半を過ぎるとチラチラとクロの姿が、、でも釣れません、、ムズカシイ、、けど、おもしろ〜い!
                      相棒がやっと掛けました!900gほどのきれいなクロ!無事にぶり上げも成功!拍手
                      さあこれからです、、4時すぎになれば喰いも立つそうです、、、あらっ、雨が、、もう一匹とネバリます、、ゴロゴロゴロ〜、、今度はカミナリ、、もうダメです、撤収〜!!後ろ髪を引かれるおもいで釣り場を後にしました。登りもキツイよ〜。
                      車に辿り着いた時はもう本降り。正解でした。二人とも土産があったし、ひさしぶりのクロ釣りはと〜っても楽しいものでした。また行きたくなりますね〜。またチャレンジしますよー楽しい
                      | 釣行記 | 08:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
                      • 1/5PAGES
                      • >>