店主の日々釣れ連れ

〜釣用品のワカイ〜
<< 11月10日 北埠頭沖堤 | TOP | 11月19日 串木野 >>
11月17日 秋目 凹
0
    朝、急に思い立って、急いで準備し、秋目へ。
    港に着くと、結構風があります、、。ビロウの外側は使えそうもありません。
    遠投釣りの人と共に、中ン瀬に上礁です。

    まずマキエ。ウニガラとウニミンチ。ウニ珍味じゃないよ。
    潮はほとんど動いていない様子、、エサ盗りもたいした事なさそう、、。
    船着けの低い所へピトンをセットし、ガンガゼで第一投、、。
    風が強く、穂先が振られるので、手持ちで探りますが、小さなエサ盗りのアタリのみ、、芯は帰ってきます。数投するも変化なし。
    置き竿でしばらくほっておくと、やっと芯まで盗られましたが、強風のせいでアタリは解かりません。
    くわせ赤貝を試すと、さすがにブルブルと反応がでますが、たいした魚ではなさそう、、。ノーノー
    手返しを繰り返すと、だんだんエサ盗りが増えてきた様子で、ガゼが素バリになることが多くなってきました、、が、いいアタリはありません、、。
    で、もう一本竿を組み、壁の近くにセット。
    シズミ方向へ投入してピトンに掛け、糸ふけをとろうとリール巻いていると、そのまま、ゆ・っ・く・り、、竿先が入っていきます、、海面に突き刺さりました!
    いつもならここで慌てて失敗するのに、なぜか冷静、、、少し戻ってきた竿先がもう一度突っ込んだところで大アワセ! ドンッ! よし、乗った!
    ノサレるほどではないものの、なかなかの重量感!、、締め込みをかわして、、もう少し、、石鯛であってくれ、、、ガキ〜ン! あれっ!?きのこオレンジ
    足元に見える海中の張り出しに、瀬ズレが、、しまった、竿を立てすぎたか、、。
    急いで道糸を緩めます、、サカナは根にはりついたのか動きません、、。
    カウンターをみると8mほど、、もう少しだったのに、、
    アキラメきれず、10分、15分、、全く動く気配なし、、意を決して竿を手に取り、思いっきりシャクルと、根ガカリははずれましたが、、もうサカナはいませんでした、、へこむ〜しょんぼりヘコむ〜しょんぼり凹む〜しょんぼり、、

    その後は、小さなアタリはあるものの、喰い込むまでには至らず、、赤貝には反応がでるものの、ウニえさは残るように、、。
    で、マル秘作戦決行。
    紀州梅おにぎりモグモグnext不発。ヤナ○ムラクリームパンモグモグnext不発。、、あんパンを買ってこなかったのが敗因か?イヒヒ

    もう残り時間も少ないので土産づくり、、カワハギ仕掛けを取り出します、、
    30属未離汽鵐丱愁Δ釣れちゃった、、複雑、、なんか喜べない、、。

    遠投釣りの人は、中、小型のイサキを数枚。
    クロ狙いの人の釣果はイマイチ、、でも、どの瀬も良型クロが見えるそうです。潮によってはイッキに釣れ出すかも。

    今回はかなり落ち込んでいます、、。
    気が向いたら、また、チャレンジしま、、すよー楽しい
    | 釣行記 石鯛 | 08:07 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
    コメント
    先月お電話でお話しをさせていただいた
    宮崎の熊本と申します

    初めたばっかりでわからない事が多くて
    教えて欲しい事があります

    宮崎方面は鬼の洗濯岩などゴロタ岩だらけで
    だらだらと深くなってます
    この様な海底では天秤仕掛けが有効かと思うのですが
    いろいろな天秤があってどれが良いのか悩んでるとこです
    そして、ハリスと捨て糸のバランスにも悩んでいます

    この様な場合どのような仕掛けが良いのでしょうか?





    | 熊本です | 2010/11/19 6:22 PM |
    宮崎の釣りについては詳しくありませんが、、
    遠浅の釣り場では、ある程度は遠投が必要とおもわれます。
    根ガカリはつきものなので、天秤仕掛けを使用し、捨てオモリにすることで、仕掛けの回収率が上がるとおもいます。
    が、天秤自体が引っ掛かりやすい物は逆効果です。
    糸通りや、送りしろの制限、といったデメリットもありますが、シンプルな天秤のほうが適しているとおもいます。
    例えば、石鯛遠投天秤(吉恵産業)、スクリュー遠投天秤(タカ産業)など。他にもあるとおもいます。
    捨て糸の長さに関しては、海底の起伏や、海藻などの有無に左右されます。
    20〜80センチで使用している方が多いようです。
    私の場合は、堤防などテトラや捨て石が入っている場所では50僉磯では30僂らいですが、別にこだわりはなく、切れて短くなってもまたそれに結ぶといった程度です。
    ちなみに10号程度の糸では、オモリの消耗が激しいので、16号を使っています。道糸とのバランスを考えて選べばよいとおもいます。
    あと、瀬ズレを使用して捨て糸が長いと、仕掛けの全長が長くなり、振り込みづらくなります。竿の調子にもよりますので、飛距離との兼ね合いを試してみてください。
    ちょうど今月発売の石鯛倶楽部1月号にも、天秤仕掛けが何例か紹介されていますので、参考になさってください。
    | ワカイ | 2010/11/21 10:44 AM |
    ありがとうございます

    釣具屋で一番売れてる天秤は?と聞いたら
    石鯛遠投天秤でした
    そして、瀬ズレワイヤーを使わず、ラセンサルカンにナイロン直結だそうです

    捨て糸は5号や8号でいいかなと思ってましたが
    太い糸でも試してみます

    昨日も行きましたが海が荒れていて断念しました

    ご助言ありがとうございました
    | 熊本 | 2010/11/22 11:24 AM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.wakai-kagoshima.com/trackback/976600
    トラックバック