店主の日々釣れ連れ

〜釣用品のワカイ〜
<< 8月16日 営林署堤防 | TOP | 10月3日 川内沖堤防 >>
9月20日 片浦 横瀬
0
     先月からPCの調子が悪く、ご無沙汰しておりました。
    その間、何度かあちこちの堤防で竿を出し、チビガキと戯れましたが、特筆する釣果は無く、、。

    やっと、朝夕だいぶ涼しくなってきました。
    各方面の磯で、秋石の姿が見えだしたようなので、様子見に片浦へ行ってきました。

    叶丸で6時に出港。私のほかは、上物と底物の釣り人が一人づつ。
    上物狙いの人をトリノクソへ降ろし、もう一人の石鯛マンがイノメを希望したので、私は横瀬へ。最近、これといった釣果が無いというか、人が乗っていないそうです、、。

    少し、西からのウネリが付いていて、ザバザバしています、、先端側のポイントは、満潮前後は波をかぶりそうです、、まだしばらくはやれそうなので、ピトンを打ち、急いで竿を組んで、ガンガゼをエサに第一投。
    シワシワ〜っと、いい感じの上げ潮が入っています。が、アタリはありません、、。
    後からは舟着けからの竿出しになりそうなので、大量に持参した冷凍のウニとガンガゼを細かく砕いて、舟着けの足元にバサバサと投入しながら、もう一本の竿を組み、ガゼを付けて足元にポチャン、、、こちらにはすぐさまガツガツとアタリ、、1キロほどのイシガキ逮捕。
    その後も、ポチャン、、ガツガツ、、。ポチャン、、ガツガツ。
    大量のマキエの効果と、波がザバザバしているのも好条件なのでしょう、わずか8〜9mのタナにイシガキが群れています。
    3枚釣ったところで、先端側の竿を上げてみると、なにか掛っている様子、、800gほどのイシガキでした。竿が曲がった気配はなかったんですが、、。
    結局、1時間ほどで、キロ前後のガキを6枚逮捕。

    大忙しだったんですが、7時半ころから、波打ち、湧き上がるような強い潮が当たりだし、左側の地磯の方へ道糸が引かれるようになると、パッタリとアタリが途絶え、コツコツとエサ盗りがつつく程度になってしまいました。
    潮も上がってきたので、先端側の竿を舟着きに打ち替え、マキエを続けながら遠近探りますが、気配すらありません、、。めったに見ないような強い流れ、、これじゃあ魚も泳ぐのが大変そう、、。

    9時半ころから、やっと潮が緩みはじめると、またアタリが復活しました!
    波が治まってきたので、浅ダナではアタリませんが、12〜15m、18〜20mで、活発にアタリます。
    白ウニのエサで、1.5繊■.3繊■院ィ賢舛搬海韻謄ぅ轡キ。
    ガゼでも3枚。
    くわせ赤貝をエサに、800gほどの本石。小型の青バチも。

    11時には潮が止まり、アタリも止まり、、。
    今度は強い下げ潮です。な〜んもアタリません。
    竿を担いで下げポイントへ移動し、あちこち探ってみますが、エサ盗りもいません、、、。
    数年前までは、下げポイントでも良型の石鯛が上がっていたんですが、どうも最近はダメなような気がします、、。横瀬に乗るたびに探っていますが、ここ2〜3年はアタリすら無し。
    潮が下がったので再び先端側にピトンを打ち、遠投してみたりしましたが、アタリは拾えず、、そのまま2時の回収です。

    最大で1.8繊

    イノメでもイシガキ3枚。トリノクソのクロ釣りは、、ダメだったようです。
    久し振りの磯釣りで、数釣りを楽しみました。この時期がチャンスです。
    今回はマキエ効果も大きかったと思います。
    もう暑さも気になりません。そろそろ出かけてみてください。
    私も、またチャレンジしますよー


    | 釣行記 石鯛 | 20:19 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
    コメント
    お疲れ様です。
    毎回、ブログを楽しく、うらやましく拝見させて頂いています。
    やっと秋磯開幕の兆しですが、仕事が忙しく当分釣りには行けそうにありません。
    ワカイさんのブログが楽しみの一つであります。
    それにしてもうらやましい限りの数釣りですね、今後も拝見させて頂きますので頑張って下さい。
    | 半人前 | 2012/09/26 12:24 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.wakai-kagoshima.com/trackback/979528
    トラックバック