店主の日々釣れ連れ

〜釣用品のワカイ〜
<< 5月22日 串木野沖堤 | TOP | 5月29日  羽島 フカノ口 >>
5月26日 えの下丸瀬
0
    24日(日)に大黒長瀬に釣行したKさん。
    大物らしき、いいアタリがあったものの走らず、、再チャレンジしたいと、、。
    しか〜し、片浦の嘉永丸は、人数が少ないと、黒瀬方面には走りません、、。
    で、人数が足りないので、私にもお誘いがかかりました。4人なら行ってくれるそうです。

    6時。野間池の後浜から出港です。
    黒瀬海域に行くのは、ほ〜んと、久しぶり、、。
    以前は、秋目の船が瀬渡ししてました、、こっちに走ってくれたら、ワクワクしたもんです、、。
    嘉永丸が渡船業を始めてからは、この海域に渡してくれるのは、この船だけです。
    クロ釣りシーズンには結構賑わっていますが、この時期〜秋までは、前述の理由で、たま〜にしか走りません、、。
    クロも石鯛も、夜釣りのシブダイも、A級ポイントがたくさんあるのに、もったいない話です、、。
    、、どうにかなりませんかね〜、、。

    さて、Kさんたちは大黒長瀬と本島へ。
    私はえの下丸瀬へ。
    丸瀬と呼ばれていますが、東向きに傾斜していて、けっこう足にこたえる釣り場です。
    ここは下げ潮が本命と言われていますが、今日は昼まで上げ潮です、、大丈夫でしょ、、たぶん、、。

    マキエの冷凍ガゼをたっぷり持参していますが、まずはピトンも打たず、赤貝でそーっと探ってみましょう、、。
    地向きのシズミの際を探ると、、好反応、、手返しすると、、ぎゅ〜んん!
    イシガキ逮捕。すぐにもう一枚。1圓曚鼻
    ガンガゼにもアタります、、このポイントはガキが多いようなので、ピトンを打ち、マキエを大量投下!
    ガンガゼをえさに置き竿にして、その間にもう一本の竿を組んでいると、、置き竿にアタリが、、突っ込みました!イシガキ追加。
    この作戦で、一本はピトンに預け、一本は手持ちで赤貝えさで探ります、、。
    枇榔向きはあまり底に変化がありません、、が、エサ盗りが多く、すぐに素バリにされます、、時々、イシガキのアタリ、、喰いこみが良く、難なく追加。

    10時ころ、潮が動かなくなってしまい、、イシガキのアタリが出なくなりました、、すると突然、置き竿がぎゅ〜んん!青バチです。
    次の一投も置き竿がぎゅ〜んん!、、これはハリはずれで竿が戻ってきました。なんだったかな?、、maybe8。
    続いての一投では、いつまでも続くゴソゴソしたアタリ、、掛け合わせてみると、、、頭でっかちのイラでした。
    昼ころ、イシガキを追加。
    赤貝5圈▲爛ミ2パック、ガンガゼ40個を使い切り、1時には早めの納竿です。
    回収までのんびり過ごしました。

    イシガキは800g級が2枚、あとは1〜1,2圈
    大黒本島でもイシガキ4枚。
    長瀬は、イシガキとハチとカンムリベラ。
    、、と、大バラシ。
    アタリからすると、石鯛だったようです、、赤貝の手持ちで、、送って、送って、、ど〜んん!!
    、、竿が起こせず、道糸を飛ばされたそうです。、、デカかった〜、、、とKさんガックシ、、。
    ちなみに、長瀬ではガゼには反応が悪く、終日、赤貝の手持ちだったそうです。
    日によって、場所によっては、赤貝が持たない所も出てきているようですが、まだ赤貝の方がいい瀬もあるようです。
    できれば、両方準備しといたほうが良さそうですよ。
    私もまたチャレンジしますよー楽しい

     
    | 釣行記 石鯛 | 06:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.wakai-kagoshima.com/trackback/979611
    トラックバック