店主の日々釣れ連れ

〜釣用品のワカイ〜
<< 10月7日 片浦 横瀬 | TOP | 10月16日 大当堤防 >>
10月14日 串木野沖堤 やったね
0
    この秋の新製品の磯竿やリールを眺めていると、そろそろクロを釣ってみたくなりますね〜。
    しかし、どこの磯も、クロ釣りにはまだちょっと早そう、、。
    串木野沖堤でクロが釣れだしてるそうなので、様子見に行ってみますか、、。
    フリースタイル翔に電話してみると、14日は上物で3人の予約があるとか。
    じゃあ私も。

    船頭さんが言うには、日ムラはあるものの、クロは結構釣れてるとか。
    石鯛も、今月3日に、60儺蕕あがっています。
    私もここは何度も通ってますが、大型の石鯛は釣ったことがありません、、。
    らしいのをバラシたこともなければ、らしいアタリすら有りません、、。
    釣れるのはいつもガキ、、。
    ポイントが間違ってるのかな〜?
    ピピピ
    先日の大型は、長崎鼻向きで釣れたそうですが、、。

    今回は、前半は石鯛、後半はクロ狙いの”欲張りコース”でやってみます。秋はこのコース。
    5時半出港。まだ真っ暗。風があり、薄着なので寒い寒い、、。
    同行の3人組は、女性も一人入っています。なんと、神奈川県から来たそうです。ぜひ釣って帰ってもらいたいですね。

    ゆっくりと竿を二本準備。
    長崎鼻向きには、気に入った”穴”がなかったので、いつも通りの沖向きにピトンをセット。


    夜が明けて、6時半ころ、ガゼで第一投。
    、、、、、。
    1時間たっても、まともなアタリなし。
    ノーノー
    ガゼの中身を吸われるのみで、芯は無くなりません、、。
    堤防には、先客が残したカニの足や爪が落ちています、、カニの方がいいのか?
    ヒマなのでクロ釣りを冷やかしにいきます。
    高台との境に一人、角に一人、内向きに一人、、、みんな苦戦。
    エサ盗りはたいしたことありませんが、クロの姿は見えず、下の方でチラチラしてるのは、バリとイスズミか、、、風もあるし、釣りにくそう、、。

    冷やかしも終わったところで、仕切り直し。石鯛釣り頑張りましょう。
    ガゼの2個掛けを早めに底切りして、手返しを続けていると、8時ころに、やっとまともなアタリ!
    ガツガツと竿を叩いた後、ぎゅ〜んん!キタっ!、、スカぁ〜〜っ、、空振り、、。
    困惑
    アワセが早かったっす、、。ぎゅ〜ん、ぐらいで、ついシャクッてしまいました、、。ぎゅ〜ん、んんんん、ぐらいじゃないとね。
    ちょうど昨晩、お客さんにガキの釣り方を聞かれたので、「置き竿が突っ込むのを待つだけ」なんて冗談を言ってたのに、、。
    次の一投にもいいアタリ!
    もう竿に触りません、、「行け〜っ」と応援。
    ガッ、ガッ、、、ぎゅ〜んん、、と見せかけて、一旦停止、、間を置かず、更にぎゅ〜んん!!
    はい、今でーす!


    イシガキちゃん。1圓歪兇┐討修Α
    次の一投にもいいアタリ!、、これは突っ込みませんでしたが、イシガキタイム到来の様子。
    エサの交換がいそがしくなってきました。ほどなくイシガキ追加。
    イシガキを〆て血抜きをし、クーラーにしまいながら竿を見ていると、またアタっています、、。
    行け行けぇ〜っっ、、はい、入った〜〜っ!
    おぉっ、今度のは結構引くぞ、、ガキじゃないみたい、、突っ込みをかわし、、石鯛だといいな、、、やった!七本縞!、、3圓呂△蠅修Δ任后
    堤防が高いので、一息にブリあげるのは難しそう、、ガキ対策でハリは14号だし、無理しない方がよさそう、、。
    浮かしたまま引っ張っていき、角を超え、下の段の釣り人の方へ、、すいませ〜ん、とタモ入れを頼むと、快くすくってくれました。、、が、堤防に上げたところで、タモがボキッ!
    あららぁ〜〜っ、自分が頼んだばっかりに、、。
    お礼とお詫びを言いながら駆け寄ります、、、古いタモだからいいですよと言ってくれましたが。
    で、サカナを手に取ると、、うっ、、思ってたよりもデカい、、。
    手尺で三つと少し、、60僂歪兇┐討襦◆◆8みもあるし、4圓呂△蠅修Α◆◆


    やりました〜、、まさかの大物。拍手拍手拍手

    堤防釣りなので、ストリンガーは持参していません。
    〆てクーラーに入れると、曲げないと入りません、、嬉しさがこみあげてきます、、と、また置き竿が突っ込みました!イシガキ追加。さらにもう一枚。
    9時過ぎからは急にアタリが無くなり、、朝と同じような状況に。潮なんでしょうねぇ、、。
    10時過ぎ、エサを使い切ったので、石鯛の部は終了です。

    風が止み、ポカポカ陽気になってきました。
    10時半、クロの部開始ですが、はっきり言って期待薄。
    朝から頑張っている3人は、時々バリを掛けるのみ、、。クロの魚影は見えません、、。
    3人から離れて、内向きの狭い所からやってみましたが、、、。
    エサ盗りさえ見えません、、潮は動かず、、じわじわとウキを沈めて探ります、、ベラ2匹。
    今日はクロの機嫌が悪かったようです、、。
    1時回収。

    港で釣果の撮影です。


    石鯛は61僉覆舛腓辰判未鵑澄烹,2圈
    タモですくってもらったお礼にイシガキを差し上げて、帰路につきました。

    思いもかけない大物に恵まれました。たまにはこういうこともあるもんですね〜。
    また、チャレンジしますよー
    楽しい










     
    | 釣行記 石鯛 | 21:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.wakai-kagoshima.com/trackback/979620
    トラックバック