店主の日々釣れ連れ

〜釣用品のワカイ〜
<< 3月22日 番所 | TOP | 8月10日 串木野沖堤 >>
真夏の堤防釣り 8月3日 照島沖堤
0

    ご無沙汰しております。

    今年の春は3回しか磯に行けず、、乗っ込み石鯛には会えずじまいでした、、。

    いじけて、永らくサボりました、、。失礼しました。

     

    最近、暑い中、ちょろちょろ釣りに行ってますんでご報告。

     

    7月22日 串木野沖堤

     

    本石1.2圓肇ぅ轡キ1.6圈

    アタリがあったのは朝のうちだけでした。

     

    7月27日 片浦 イノメ

    モハメ1枚と、イシガキ4.5枚(1〜1.2圍緩腓硲僑娃g1枚)

    濁った潮でアタリは単発、、昼上がり。

    風が通らず、、暑かったあ〜〜。

     

    8月3日 照島沖堤

    串木野の照島漁港の沖堤でも、石鯛が釣れるそうです。

    行ったことがなかったので、AさんSさんと3人でチャレンジしてみることに。

    安栄丸で5時半出港。3分で到着。

    広い堤防で、右側に長崎鼻堤防が伸びています。

    ガンガゼのトゲなど、釣りの跡が5,6か所にあり、結構釣り人が入ってる様子。

    二人は階段の前に、私は少し離れて南側先端寄りに釣り座を構えました。

    夏の必需品

    パラソル立て、日焼け止め、清涼スプレー。

    昌栄のパラソル立ては角度が自在に変えられ便利です。

    清涼スプレーは、帽子の中、シャツの中、パンツの中にスプレーすると、しばらくの間はスースーして快適です。

    向こうの二人は傘もささず、日焼け止めも塗らず、、大丈夫なの?

    日焼けしてモテモテになる作戦らしいですが、、、。ふふ

     

    さて釣り開始。

    、、、マキエも大量に投下したのに、なかなかエサが盗られません、、。

    潮はあまり動いておらず、濁っています、、クラゲがいっぱい漂っています、、。

     

    AさんSさんの方は、一投目からアタリが活発で、いまにも入りそうな竿の動きです、、。

    潮は動かず、濁っているのは同様なのに。

    こちらはまだマキエもしていないのに、投入ごとに、すぐ素バリにされています。

    、、と、Sさんが掛けました!、、1.5圓曚匹離ぅ轡キ。

    さらに、ほどなくして、3團ーバーのコロダイも。

    Aさんんも、いいアタリが続いています。

    私にも、こっちで釣れば?と勧めてくれますが、すでにマキエを全部放り込んでしまいましたし、面倒くさいので、、。

     

    、、9時の音楽が流れてきました、、。相変わらず、いいアタリはありません、、二人の方も、アタリが遠のいてきたようです、、。暑いね〜などとしゃべっていると、私の竿にアタリが、、、どうせ、、と思っていたら、、突っ込みました!

    慌てて駆け寄ると、まだ付いてました。

    1.6圈よく肥えてます。

    その後は、単発ですがアタリが出るように、、型が小さいようで、もう一歩で走りません、、。

    二人も同様です。、、と、Sさんが掛けました!

    小さいよ〜、と笑顔。500gほどのガキでした。

     

    12時の回収までまもなく、、片付けながら、最後の一投と放り込んでいたら、、1圓曚匹離ぅ轡キ逮捕。ラッキー!

     

    海は、風さえがあれば、パラソルの下は結構快適。

    二人はよく焼けて、、暑かったぁ〜と言ってますが、楽しめたようです。

    もう少し潮が動いてくれて、海の色が良くなれば、かなり期待できそうです。

    またチャレンジしますよー楽しい

     

     

     

     

     

    | 釣行記 石鯛 | 13:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.wakai-kagoshima.com/trackback/979629
    トラックバック