店主の日々釣れ連れ

〜釣用品のワカイ〜
<< 8月10日 串木野沖堤 | TOP | 8月24日 照島沖堤 >>
8月17日 串木野沖堤
0

    今週も串木野沖堤へ。

    今回は私一人。

    安栄丸さんに、鯛ラバのお客さんがいて、出港のついでに沖堤に渡してもらいます。

    このパターンの時は本港の沖堤です。照島沖堤も気になるんですが、船からすれば遠回りになってしまいますからね。

     

    5時出港。

    沖堤には先客が一人。フリースタイル翔で渡ってきた熊本の方。4時15分に来たとか、、早っっ。

     

    準備を済ませて、仲良く釣り開始。

    相変わらずクラゲが多く、海の透明度も悪いんですが、潮は左から右に動いています。大潮ですからね。

     

    、、エサ盗りのようですが、活性が高く、毎回素バリにされます、、。

    たまにガキのような反応も出ますが、小さいようで、ハリに乗るサイズではなさそう、、。

    今のうちにと、もう一本竿を組みます。

    アタリが多いうちに二本で攻めます。

    エサが足りるかな?、、とも思いますが、後半アタリが減るのもここのパターンなので。

     

    手返しを繰り返していると、明らかに今までとは違うアタリが出て、、突っ込みました!

    なんか引きがおかしい、、重いし、、誰かが切った仕掛けが絡んでいます、、はずれません、、仕方なく道糸をたぐり、思いっきり引っ張ると、仕掛けごと取り込めました。ほっ。

    1.5キロほどのイシガキ、と黒い道糸が10m以上ついた瀬ズレとハリ。

    後でもう一つ長い赤い道糸がついた仕掛けを回収しました、、。どうして上から切るのかね〜、、。

    ほどなくして、もう一枚イシガキ。

    次は取り込み途中でハリはずれ、、なんでかな?、、早かったのよ。

    ほどなくして、もう一枚。

     

    やはり、1團ーバーのイシガキだと、アタリ方が明らかに違います。

    置き竿のままでも突っ込みますし、手持ちでも気持ち良く走ります。

    ただ、そういうアタリが、時々しか出ません、、。あとは、かなり小さいガキかエサ取りだと思われます。

     

    私はポ〜ンと仕掛けを投げ、エサを捨て石やテトラの上に置いて、カウンター15〜18mを狙っています。

    熊本の釣り人は、朝から一貫して、軽いオモリで堤防の際わきわ狙い、、アタリは頻繁にあるようですが、型が小さいのかなかなか竿に乗りません、、空振り数度、、釣り方を変えないので、いい思いをしたことがあるんでしょうね。

     

    9時半ごろから、エサが残るように、、大型が回ってきたか?、、違うようです、、。

    予定通りに、もう終了のようです、、。やっぱりエサ余った。

     

    お先にーっ、、と11時回収です。

    ルアー組は、潮が速く鯛ラバは不発だったそうですが、シイラをたくさん釣っていました。50匹は超えてたような、、。

    お土産に2匹もらいました。

    イシガキは、1.3圈■.5圈■.6圈

    去年は数は多かったんですが700g〜1圓離汽ぅ困任靴拭

    今年は型がいいですね。数がもう少し欲しいところ。

     

    堤防上は風もあるし、日陰もあるので、暑さはあまり苦になりませんよ。

    またチャレンジしますよー楽しい

     

     

     

     

     

     

    | 釣行記 石鯛 | 11:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.wakai-kagoshima.com/trackback/979631
    トラックバック